グーグルアースに対応した地図サービス「ロカポDIYマップ」

グーグルアースに対応した地図サービス「ロカポDIYマップ」

無料でカスタマイズできる地図サービス「ロカポDIYマップ」が、グーグルアースに対応した出力機能が追加された。新しい機能のお陰でDIYマップ作成地図データをグーグルアースや他の地図サービスで使うことができる。

DIYマップ作成した画面に表示されている「KML」をクリックするだけで、KMLファイルのエディターとして利用するだけだ。これまでに作成した地図データも「KML」が表示されるようになったので、過去のデータもグーグルアースで見ることができて、楽しみが増えた。

KMLファイルでデータが保存できるようになったことで、他のシステム上でも利用できるようになり利用する人の幅がひろがると思う。グーグルアースには他の方が作成した「KMLファイル」を開いたり、自分で見つけた画像を「KMLファイル」に出力して送ったりできる。入力・出力が簡易になったのでデータを送るのに便利だ。

「ロカポDIYマップ」サービスとは、自分で地図を加工しブログに貼り付けられるシステム。グーグルアースでどのように表示されるのか、今から僕も試して見たいと思う。