グーグルアースに対応した地図サービス「ロカポDIYマップ」

グーグルアースに対応した地図サービス「ロカポDIYマップ」

無料でカスタマイズできる地図サービス「ロカポDIYマップ」が、グーグルアースに対応した出力機能が追加された。新しい機能のお陰でDIYマップ作成地図データをグーグルアースや他の地図サービスで使うことができる。

DIYマップ作成した画面に表示されている「KML」をクリックするだけで、KMLファイルのエディターとして利用するだけだ。これまでに作成した地図データも「KML」が表示されるようになったので、過去のデータもグーグルアースで見ることができて、楽しみが増えた。

KMLファイルでデータが保存できるようになったことで、他のシステム上でも利用できるようになり利用する人の幅がひろがると思う。グーグルアースには他の方が作成した「KMLファイル」を開いたり、自分で見つけた画像を「KMLファイル」に出力して送ったりできる。入力・出力が簡易になったのでデータを送るのに便利だ。

「ロカポDIYマップ」サービスとは、自分で地図を加工しブログに貼り付けられるシステム。グーグルアースでどのように表示されるのか、今から僕も試して見たいと思う。

グーグルアースの地図サービスが危ない

グーグルアースの衛星画像が鮮明すぎると、各国が相次いで懸念を表明している。なんでもテロリストが基地などの衛星写真をネットで手に入れて使用する可能性があると指摘されている。

グーグル社のグーグルマップやグーグルアースなどの地図ソフトの画像が鮮明なのは、それだけ技術が進歩していることだと思うのだが、意図されない使い道も発展するのは確かに問題だね。

その為かグーグルアースもグーグルマップも画像が一部不鮮明になっているような気がする。モザイクをかけるというか、少しぼやけている画像を使って地図を表示しているという印象だ。と言っても僕が地図データを必要とする場所には軍事基地等がないので、あまり不便は感じない。

地図の機能で言えばグーグルマップが上。まだまだグーグルアースではルート検索やお店情報等が日本語対応していない機能があるので地図機能ではグーグルマップ。でも、グーグルアースの3D表示機能は地図空間イメージが伝わるので僕は両方使用している。

グーグル社は各国からの懸念を受けて、問題の部分や軍関係などは個別に対応していくとしているので、エリア51や北朝鮮の軍事基地などの画像がいつかは見られなくなるかもしれないね。

グーグルアースで古い地図が見られる

グーグルアースの最新バージョンや日本語版のサイドメニューにある、レイヤー機能に新しいレイヤーが追加された。

それはグーグルアースサイドメニューのレイヤー「ライゼム歴史地図コレクション」機能だ。
詳細メニューとして・地図を非表示・マップファインダー(英語のみ)・全世界1790・北米1733・アメリカ合衆国1833・ルイスクラーク探検隊地図1814・ニューヨーク1836・産プランシスコ1853・南米1787・ブエノスアイレス1892・アジア1710・東京1680・中東1861・イギリス、ウェールズ1790・ロンドン1843・パリ1716・アフリカ1787・オーストラリア、南東1844・マップファインダー(英語のみ)

グーグルアースの詳細メニューは、場所とその地図の年数を表示している。好きなメニューをチェックする。

しかし、チェックしただけでは地図は表示されない。変化も見られない。
メニュー項目をダブルクリックして地図設置場所まで移動しよう。

グーグルアース画面上に重ねられて古い地図が表示されていると思う。どうだろうか?変わっているだろうか?グーグルアース画面上全部を古い地図に変える「全世界 1790」である。

Yedo「江戸」と記載された日本が表示されている。よく見ると北海道とつながっているように見える。東京1680も変わっていて面白い。

グーグルアースとグーグルマップ(地図アプリケーション)

グーグルアースとは、グーグル社がもつ検索技術と衛星写真、地図、3D作成技術などの技術力を持ち合わせて作られた3D地球儀型地図ソフトだ。

グーグル社からは同じ地図アプリケーションとして「グーグルマップ」があり、地図の機能としては満足だと思っていたけど、グーグルアースは地図を越えて雰囲気、3D、角度を変えたりと出来る、そのグーグルアースがもつ独自的な世界観がなんといっても魅力なのかもしれないね。一度グーグルアースを使うとやめられなくなる。

グーグルマップも最近は色々な機能が出来るようになっている。
渋滞表示機能やストリートビュー機能など付加機能が充実してきて、成長している。

どちらも素晴らしい機能を持っているので、同じグーグル社の地図アプリケーションなら同時に使えたら便利だとおもっていたら、最新バージョンからツールバーに切り替えボタンが追加されている。

グーグルアースで表示中の場所をグーグルマップボタンで切り替えると、グーグルマップを別ページで開きグーグルアースとグーグルマップの両方が一度に使えて便利になった。

グーグルアースの世界観やグーグルマップの地図機能との連携は、これから期待大だね。